越前会とは

越前会は襖の原料である越前和紙を尊重し、日本の伝統である和室の文化を後世に残すことを目指している表具師の集まりです。

越前会が実現したい
日本の和室の風景

古くからの日本の和室は、襖を張る表具師から依頼するまでもなく、越前の手漉きの和紙を使用していました。中身も木の格子で作られた本襖が主流で張り替えによって長持ちさせることができていました。しかし、今では、襖の中身が段ボールやプラスチックの格安襖が広まっています。
そのために越前和紙の魅力を我々表具師が学び、和紙の良さを一般のお客様方にも伝えたいと思っています。

越前和紙の製作風景

越前和紙の特徴や製作風景を動画や画像で解説いたします。和紙製作にかかる職人の技をご覧ください。

  • Dummy Text 1
  • Dummy Text 2
  • Dummy Text 3
  • Dummy Text 4
  • Dummy Text 5
  • Dummy Text 6

お問い合わせ

越前会は志を同じくする仲間を募集しています。「越前和紙を広めたい」「日本の和室文化を大事にしたい」「襖の良さを伝えたい」など、越前会の主旨にご賛同いただける方がいらっしゃれば、是非ご連絡ください。